誰にも知られてはいけない性癖を持つ、愛知県の女社長です。

投稿者:愛知県在住 性の多重人格者さん(38歳 女性)

誰でも職場の顔と自宅での顔は違うと思うんです。

私も自宅に戻れば何もしたくないっていう方ですから…。

でも私にはもう2つ違う顔を持っているのです。

それは、性的に虐められたい自分と、男を虐めたい自分です。

そうなんです、私はSでもありMでもあるんです。

そんな2つの性癖を見いだしてくれたのは、1人の男性でした。

その方とは10年前に出会い系サイトで知り合い、すぐに男女の関係になりました。

私より一回り上の方で、Sの方でした。

最初はノーマルだったセックスが、少しずつ変化し、半年もすると完全に調教されていました。

ご主人様は経営コンサルタントをされています。

彼の勧めと援助もあり、私は会社を起こし愛知県で女社長になりました。

10年間、ご主人様との関係は続いています。

 

でも一時期私も人妻だった事があります。

女社長となった半年後でした。

海外に行ってた元彼が、ここ愛知県に戻ってきたのです。

旅立つ時戻ってきて、まだどちらも好きでいたら結婚しようって…。

私も元彼は大好きだったから、待ってるって言った手前断れません。

まして、会ったら昔の事を思い出し、抱かれてしまったから…。

でも会社を軌道に乗せる事とご主人様からの調教の日々で、彼とのセックスもほとんど無く、結婚生活は1年も持ちませんでした。

再びご主人様の私物となり、玩具としての生活。

生理日を除き、毎日のように調教されていました。

ちょうど昨年の今時分でしたでしょうか、生理前からご主人様が多忙で会えなかった事がありました。

生理中も含めると2週間…。

こんなに間があいたのは初めてで、身体は欲求不満で爆発しそうでした。

生理も終わりご主人様に調教をお願いしようと連絡すると、前日足を骨折し入院してると…。

お見舞いにも行きましたが、しばらくは調教はありませんし、痛みのせいなのでしょうご主人様の性欲も湧いてきません。

入院されて5日目。

どうしても性欲が治まらず、解消して欲しいと…せめてオナニーだけでも解禁して欲しいと懇願しました。

翌日呼び出され病室に行くと、そこにご主人様の甥という若い男が…。

ご主人様が言うには、彼は海外留学から帰国してきたそうです。

海外で経営を学び、その彼を私の会社に預けたいと。

私はご主人様の言う通りに秘書として来てもらう事にしました。

帰り際に

「甥っ子に何してもいいから…」

翌日から彼は会社に来てくれました。

秘書としてはまだまだですが、語学は堪能だし、経営に関してアドバイスもくれる。

良い人を紹介してくれたと内心思っていましたが、ご主人様の言われた、何してもいい…それがわからないままでした。

普段はクレバーで頭の切れるイメージ。

でも時折私をじっと見つめる視線。

ご主人様に聞くと、

「あいつは、熟女好きかもなぁ…」

それを聞き私も彼を見る目が変わりました。

ある日、誰もいない会社の社長室。

もうセックスは1ヶ月近くありません。

耐えきれなくなり私は彼を襲いました。

そこで自分の知らなかった性癖を見つけたのです。

言葉責めや羞恥的な愛撫に彼は異常に反応したのです。

「ご主人様は、こういう快感を味わっていたんだ…」

ご主人様にされて来た事を彼に施した。

快感は増幅されていく。

いよいよ挿入…その時彼は自分が童貞なのを告白した。

自分が冷たいイメージだということ、そしてマゾだということ、年上好きだということで彼女が出来ずにいた。

私は彼を含んだ。

社内のためコンドームなど無い。

私は彼の初体験の精液を子宮に出させた。

自宅に連れて行き何度も身体を貪った。

後日、ご主人様に、甥っ子さんを性の奴隷として飼うことにしたと報告した。

ご主人様の調教も必ず受けることを約束し、彼を飼うことを許された…。